竹聲館 革持ち手バスケット

竹聲館 革持ち手バスケット

栃木レザーのハンドルが使うほど
味わい深く育っていく

大分県由布市の湯布院町に工房を構える「竹聲館」。 高見八州洋さんの手がける作品の中でもとても人気の高いレザーの持ち手のバスケット。傷つけないよう一本一本大切に収穫されたという、美しい艶が特徴的な九州産の真竹を使いていねいに編み上げられています。

持ち手部分には、栃木レザーのヌメ革を使用。 少しずつ経年変化していく竹とレザー、それぞれの表情が楽しめます。

洋服にも和装にも似合うデザインで、お出かけやベーカリーへ行く際の パンカゴとしても◯。 正面から、横から、どこから眺めても素敵な佇まいで、 花を入れたり、収納かごとしてインテリアとして使うのもおすすめです。

レザーの持ち手は、ブラックとナチュラルの2種類。

竹聲館
大分県由布市の湯布院町に工房を構える、竹の道40年以上の竹工芸家・高見八州洋氏と、同じく30年の妻・綾子氏が二人三脚が生み出す現代のインテリアや装いにもなじむ竹の道具。古くからの伝統技術を大切に、今の暮らしにより添うプロダクトを作り続けています。

竹聲館 革持ち手バスケット

サイズ:横幅約32cm、奥行約18cm、高さ約16cm
素材:国産真竹、ヌメ革(栃木レザー)
重さ:260g
日本製

竹聲館 革持ち手バスケット
ブラック
¥23,100
K307-00001-BK
在庫あり
竹聲館 革持ち手バスケット
ナチュラル
¥23,100
K307-00001-NT
在庫なし 入荷通知