釜浅商店 釜浅のこども庖丁

釜浅商店 釜浅のこども庖丁

大人になっても使える、子どものための本格包丁

刃物の街である岐阜県関市の包丁メーカーと釜浅商店が一緒に開発した、家庭用の三徳庖丁より少し小さく、子どもが扱いやすいサイズの「子ども包丁」。

子ども用包丁といえばセラミックのものも多い中、こちらはプロ仕様の、研ぎやすさと切れ味のバランスが良いV金1号(ステンレス)を使用。左右対称に刃がついているので、利き手を選びません。子どもでも繊維を潰さずに食材を切れて、その本格的な切れ味のよさに、料理の楽しさを感じることができます。

本格的な切れ味は実現しつつ、子どもが使うことを考えて鋭利な「切先」と「アゴ」は丸めて、安全面にはしっかりと配慮。一方で、ジャガイモの芽を「アゴ」でえぐる包丁としての機能は残しています。

持ち手は子どもの手でも握りやすいように短めに作られています。

外箱はボタンフック付きで、保管ケースとして使用できます。初めて料理をする子どもたちが自分で読めるように、やさしい言葉とイラストで名称や使い方が描かれています。

研ぐことで切れ味を保つことができるので、子どもの成長に合わせて包丁も成長し、大人になったら「ペティナイフ」として使うことができます。永く使うことで愛着が湧き、自分だけの道具を育てる喜びも感じられます。子どもたちの「やってみたい!」の気持ちに全力で応えてくれる、ギフトにもおすすめの道具です。

釜浅商店
明治41年、初代・熊澤巳之助が浅草合羽橋で釜の専門店“熊澤鋳物店”を創業。後に釜浅商店と屋号を改め、釜や庖丁、南部鉄器、手打ち鍋、炭道具など、100年以上に渡りこだわりの料理道具を販売する。「良い道具には、良い理(ことわり)がある」という信念の下、オリジナルアイテムや日本各地からセレクトした“良い理がある道具”を提案し、プロの料理人はじめ国内外からも信頼の厚い料理道具専門店。

釜浅商店 釜浅のこども庖丁

サイズ:全長25cmm、刃渡り14.5cm
重さ:104g
素材:(刃)ステンレス(V金1号) 、(柄)合板
産地:日本(岐阜県関市)

この商品のご購入にあたって

・切れ味が鈍くなった際は、砥石で研ぐことで何度でも切れ味を戻すことができます。
・錆防止のため、洗浄後は水気を拭き取ってください。

Photo:Haruki Anami

釜浅商店 釜浅のこども庖丁
釜浅商店 釜浅のこども庖丁
¥7,150
K306-03
在庫:4