毎日の食卓にアクセントをもたらす
普段使いの器

Awabi ware

淡路島の江戸時代から明治時代まで栄えた窯元「珉平焼」にインスピレーションを受け
同じ島で作陶している「Awabi ware」が作る日用食器のご紹介です。

八角形や大輪の花の形
一度見たら忘れられない、ハッとするようなトルコ青

独特のフォルムやカラーは、つい特別な日に使いたくなる器だけど
ほどよい厚みと安定性があり割れにくいので、毎日の食卓にこそ使ってほしい

いつものご飯を丁寧に盛り付けたAwabi wareで
食卓と生活に彩りを。

Awabi ware
淡路島の陶器ブランド。“受け継ぐ器”をコンセプトに、江戸後期から明治期に栄えた珉平焼(淡路焼)の制作スタイルに学びながら、生活道具としての器を作っている。