木のよさはそのまま
普段使いしやすいお弁当箱

黒木クラフト工房

一度は使ってみたい、木のお弁当箱。
憧れを抱きながら、「お手入れが大変そう」「値段が高い」・・
そんな理由で一歩踏み出せない方に、おすすめのお弁当箱を見つけました。

宮崎県に工房を構える、黒木クラフト工房の黒木勇夫さんのお弁当箱は、杉材を食器用塗料でコーティングしているのが特徴。
撥水性が高いため、からあげや春巻きなど油が染みそうなおかずもストレスなく詰められ、食べ終わったあとは食器用洗剤で気軽に洗えるので、匂い残りなども気になりません。
変色やカビがつくこともないので、長く使えます。

宮崎は杉材が豊富で常時手に入れることができるため、手ごろな価格を実現。一方、やわらかな杉を丈夫なお弁当箱にするために、木固め材を浸透させて木材を強化したり、「千段巻き組み」という薄く細かく木を噛み合わせる技法を取り入れるなどの工夫がなされています。

杉の美しい木目と、持ったときの軽さや手触り、お弁当箱と蓋をあわせるときの「カチャリ」と木がかみ合う音など、木のお弁当箱ならでは使い心地はそのままに、コーティングのおかげで、毎日のお弁当箱として気軽に使っていただけます。

お重と、一段のお弁当箱には仕切りがついているので、ごはんとおかずをわけたり、おかず同士の仕切りにしたりと必要に応じて使っていただけます。(二段弁当箱には仕切りはついていません。)

黒木クラフト工房 黒木勇夫
1952年宮崎県生まれ。1981年に木工房を開設し、多種の木材を使用した小木工作品を製作する。現在は杉材を使用した商品開発、個展や企画展を開催。堅固で美しく、「機能性を重視したデザイン」を心がけて創作活動を行う。

Photo:Haruki Anami