工房イサド

杉、ナラ、タモ、米松、チェリー、クリ、チーク…。
種類の違いはもちろん、同じ木でも一本一本、まったく表情が違います。
それぞれを最大限に活かすためにどう組んでいくか、
そここそが、工房イサドの作品づくりの醍醐味。
さまざまな木で、見たこともない不思議なもの、
楽しい気持ちになれるものをつくりだします。

 

工房イサド/本田淳(こうぼういさど・ほんだあつし)

ナラやクリなどの無垢材を主とするオーダーメイドの家具や、
古材を使った額、器やスプーンなど生活の道具を制作。
最近ではオブジェ作品などにも取り組む。
イサドというのは宮澤賢治の作品「やまなし」に出てくる言葉。
何か面白いものがあるところ、見たこともないものを作る場所で
ありたいという思いから工房名にしている。
埼玉県北葛飾郡杉戸町在住。