くんちゃんとふゆのパーティー

くんちゃんとふゆのパーティー

あたたかなまなざしに見守られて。クリスマスの時期に読みたい物語絵本

お父さんとお母さんのおおらかな愛に包まれて、のびのびと元気に育つこぐまのくんちゃんシリーズ。全部で7冊あるシリーズのうち、今回は、クリスマスの時期にぴったりな1冊をご紹介します。

雪を一度も見たことがないくんちゃん。今年はお父さんとお母さんにお願いして、冬ごもりを少し延ばしてもらうことに。お母さんと雪ぐまを作ったり、雪で食べ物がなくなって困っている動物たちに食べ物を分けたり、初めての雪の季節をたっぷり体験します。おうちに入ったあとは、お母さんとクッキーを焼いて(くま型とほし型!)、赤い実と一緒にもみの木に飾って、雪のなか帰ってくるお父さんをびっくりさせようとパーティーの準備をします。

お父さんとお母さんは、くんちゃんの好奇心をおおらかに受けとめて、その思いのままにのびのびと体験させます。そうやって体験したことは、くんちゃんのなかにずっと残っていって、目に見えないたくさんの宝物になっているよう。雪で食べ物がなくなって困っている動物たちを助けたいという優しい気持ち、お父さんを喜ばせたいという純粋な気持ち、そんな気持ちがくんちゃんのなかから次々と生まれてくるのは、くんちゃん自身が満たされていて、そんな宝物をたくさんもっているからなんだと思います。

ちいさな子どもは、くんちゃんに自分を重ねてお話のなかに入り込み、雪の楽しさとパーティーの準備、安心感ある結末にきっと大満足。大人は、お父さんとお母さんのおおらかであたたかなまなざしに、子育てを豊かにするものさしをみつけることができるかもしれません。

どのページのくんちゃんも、表情やしぐさが本当にかわいくて、何度でもページを開いて会いにいきたくなります。パーティーの準備を一生懸命する様子、窓に張りついてお父さんの帰りを待つ姿、お父さんを迎えようと玄関に駆けていく表情・・・そして、眠ってしまったくんちゃんが見ている夢がまたなんともかわいい!

お話のなかではクリスマスとは謳っていませんが、もみの木の飾りつけやプレゼント、そして何より、くんちゃんのクリスマス精神溢れる優しい気持ちは、まさにこの時期に読みたいお話。 この本を読んだらきっと、くま型やほし型のクッキーを焼いて、赤い実をツリーに飾って・・・クリスマスを迎えることがもっと楽しみになる1冊です。

・読んであげるなら:3才から
・ちいさな子どもたちだけでなく、お父さんお母さんにもおすすめです◯
もちろん、かつて子どもだった全ての大人たちにも◎

くんちゃんとふゆのパーティー

著者:ドロシー・マリノ/著・絵、あらいゆうこ/訳
出版社:ペンギン社
ページ数:36ページ
仕様:25.8×19

くんちゃんとふゆのパーティー
くんちゃんとふゆのパーティー
¥1,045
9784892740183
在庫:5